スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学部編終了

ところで、地元の名門私立中学校は中高一貫なので、卒業式はやらないそうな。

それを考えれば、中高どころか大学まで一緒の人間がいるにも関わらず中学である程度の規模の卒業式をやってくれるのは、親や先生をはじめ、周囲の大人の人に恵まれているという外ない。

卒業式自体は、つつがなく終了した。
しかし、これもまた我々のクラスのクオリティが前面に出て、目薬を差して涙を演出する奴や、先生が話しているときに飯を食おうとする者など、飽くことがない卒業式であった。

本当に、普通の中学生より幸せで楽しい学校生活を営めたと自負できる。
漫画で言うなら、普通の中学生が『BLEACH』で、自分が『テニヌの王子様』だ。両方ギャグ漫画だから比べようがないね(すっとぼけ)。


感動の卒業式終了。
みんな、3年間ありがとう!







ということがあり、中学部生活は幕を閉じ、~AFTER STORY~図書部合宿に参加した。

どうでもいいけど、なんか千刈って「零」の皆神村に雰囲気似てると思った。本当はそんなに怖くないけど。

それも相俟ってか、肌寒かった。歯がガチガチ言ってた。
とりあえず印象に残ったのは、本の紹介。

ここで持論を展開するのもアレだけど、やっぱり話し手は「熱意(あつい)」だけで本の魅力を伝えようとするのは間違ってると思った。
どれだけ自分がその物事を誰よりも深く愛しているとしても、その魅力は皆の前で熱弁を奮っているだけでは果たして伝わることは無いのだ。

例えば、どっかの牧師や大統領くらい話す技量、技術があればまた変わってくるが、何よりも話自体が面白いこと、取り分け「ツカミ」が大事という基本的なことに気付かなかった。

人の興味を惹くというのは難しい。しかし、長く喋れば喋るほどそのプレゼンは色を失う。


結果、9割興味惹くだけになっちゃったんですけどね。


これだから人の前で喋るのは苦手だ。
本は、河野裕・著『サクラダリセット』を紹介した。これは名著。

恐らく、最も魅力が伝わっているであろう、牧氏に渡した。


次の山場であるクイズは、そこそこの活躍だった。
ぺ、ペーパーは苦手だから(小声)


最後の山場は飯作り。
やっぱりクレープはホイップが占める割合が多いわ。


とまぁこんな感じで、3年生としては、本当に最後の催しだった。



みんな、3年間ありがとう!







ということがあり、まだまだ続く、高等部出張編。
高等部に教科書を貰いに行くのが主な日だった。

これだけは本当に意味が分からないのだが、英・数・国のあの量の宿題に更に50P宿題を上乗せするなんて鬼畜過ぎやしませんかねぇ………。

心の中で悪態をつきつつ、

(まぁ一日3Pやれば終わる)

というまず出来ない努力を内心掲げながら、若い先生が「心電図をとる」という風に令を出したので、いざ心電図へ。

クラスも同じで出席番号が近い珱花が「心電図とる時って笑っちゃうよな」とか直前に抜かして来たので、笑いを堪えるので必至だった必死だった。

あとで怒っておいた。


その他にも耳鼻科、眼科をパスし、高等部への出張は終わった。


これで本当に、真実に、マジで、中学部としての行動はなくなる。


みんな、3年間ありがとう!

す、すぽおおおおおおおおお

高等部への準備に追われる日々。

しかし相変わらず暇で暇で仕方ないので、勢いで積みゲーしていた内のゲームを3本クリアした。人間集中力だね。

「デジタルカードアリーナ」「デジモンワールド3」「ラチェット&クランク4」

の3つを制覇。
今は「零~紅い蝶~」と「真・三國無双」と「FF Ⅷ」をやっている。


それはさておき、高等部の話に戻ると、まず面接を行った。
割とリラックスした状態で臨めた。年上と話すのは苦手ではない。

面「………なるほど。文化祭を頑張ったと。」
あ「はい。」
面「では、本は読まれますか?」
あ「え?(いきなり話題が変わったな)はい、ある程度」
面「どのような種類のものを?」
あ「えー、ライト、ライトな感じの本を、ライトな小説を………(ライトノベルとは言わない)」
面「例えば?」
あ「ハー………ファ、ファンタジーとかです(ハーレム物とは絶対に言わない)」
面「あっ………(察し)」


察しないで。


合格発表。


先生「えーでは合格発表ということで、まぁ全員合格です。」

一同「ウエエエエ………エエエエェェ…………ェェェィ………。」


喜びにくいわ。



という感じで割と色々ありながらも、今日は制服採寸。

20分弱で終わるイベントに拍子抜けで、皆一様に「え?帰っていいの?」と言いたげな顔を浮かべながら帰っていく。

かくいう自分はなぜか他のクラスのサッカーに混ざることに。
めっちゃ汗流した。久々に運動したような錯覚に陥ったが、よく考えたら登校の時に毎朝走ってるので、完全に気のせいである。


そして家に着き、高校からいきなり出された宿題に唖然として、ベッドにダイブした次第である。多過ぎ。

最近は足繁く古本市場に通って、面白いプレステのソフトと、マンガ探しをしている。

ちなみに先日、巷で有名の「モンキーボール」を買いに自転車を走らせた。


あ「モンキーボールってありますか?」
店「え?えーっと………こちらですか?」

いや俺が欲しいのは「Money Ball」じゃないですって。
仮にそうだったとしたら、すごい間違いだな。

しかしよく見ると、違いは「k」の有無だけである。あの店員、やりおるでぇ…………。

何故か恥ずかしい思いをしたので、そのまま店を出て行った。
正しいはずなのに、なんで恥ずかしいんだろう。


と、そのような出来事がゆっくりと進んだ一週間でした。

試験シューリョー

晴れて試験も終了して、続々と試験が返却されている。

今回は結構マズい希ガス。
1、2学期の分でプラスに転じると思うとモチベーションが上がらなかったね。なんか言い訳くさいけど。


ということで今日は図書リストと理科のレポートを完成させた。やっぱり人は死ぬ気でやればなんでも出来ると知った。
図書リストは何気に真面目に書いたのは初めて。『銀河鉄道の夜』はともかく『吾輩は猫である』は長すぎ…………。

しかし、本を読んでるとあの無駄さ加減がたまらないというか。そーですか俺の人生は無駄ばっかですかそーですか。


でもね、人生から「無駄」を取ったら何が残る?「死」だよ(至言)


ということで残すは明日のオルガンのみ。
520番を弾くことで固まりつつある。

しかしピアノとオルガンの弾き分けは難しい。この前オルガン弾いた後ピアノ弾いたら音間が全部繋がる。

オルガンは水曜日に弾く予定だったが、色々とミスがあり、先生は

「じゃあ明日弾いてね」

と言った。
しかしよく考えてみると、明日は水曜日で、学校自体が休校である。
じゃあ木曜日はというと礼拝そのものがない。
金曜日も休み。
土日も休み。


ということで月曜日に弾くことになりました。飛びすぎ。

そんなこんなで今暇つぶしになるものを探してる。
帰りにお年玉で「青鬼」と「少女不十分」を買った。

「青鬼」は名作フリーゲームからのノベライズで、イラストは「ひぐらし」のコミックを担当したことで知られる鈴羅木かりんである。

「少女不十分」は、ついでに買った。やまさんが紹介してたし、読んでみるとしよう。西尾維新の文章は好きだし。

本だけで長期休み乗り切れる希ガス。

試験前日

なんだかんだで試験1日前です。

今回の試験の難所一覧。

国1(百人一首20首記憶)
国2(文語文法は日本語感覚どうこうじゃないから)
理1(やっぱり出たか、計算問題)
理2(意外と範囲広い。あと、カンブリア「紀」なのか「代」なのか)
数1(どうも、SONY先生が一枚噛んでるらしい)
数2(どうも、SONY先生が本気出すらしい)
英1(広く浅く。覚えるところが多い)
英2(問題が読めない。リスニング苦手だし)
公民(相変わらず覚えゲー)
歴史(とても1か月の量ではない)
聖書(GN無くした)


ということで全部難しいという結論に至りました。

今絶望の淵に立っている人も多いんじゃないか。え?そうでもない?


マリカーで言うと全部レインボーロード。
ポケモンで言うと全部チャンピオン。
デジモンで言うと全部アポカリモン。
三國無双で言うと全部呂布。
まどマギで言うと全部ワルプルギスの夜。


頑張ってね(他人事)


とりあえず今回は特に数2と国2に力入れる。予定。

10kmの死闘

昨日は武庫川マラソンが行われた。

今まで

1年:200位
2年:198位

と全く成長の兆しが見えず、成長の度合いは僅かなものである。
そんなこんなで迎えた今回。

ひたすら無心で走り続けた。
しかしまぁバスケ部引退したとは言え、体力が伸びていることには自信がある。

校内2000m走では25位を記録したからね。いやこれ正直、自分でも開いたマウスがキャントクローズだよ。

この無心作戦が功を奏して、折り返しの5kmまではさほどキツく感じなかった。
今年は余裕か?

これからが地獄なんだけどね。

行きはよいよい帰りは怖い。
とんでもなく長かった。そりゃもう折り返し地点を過ぎてから、道のりがどっか膨張したんじゃないかと思うくらいに、帰りは長かった。

落ち着け。無心だ。

気だるい。足が悲鳴を上げている。脇腹は刺すような痛み。
それも、眼前にゴールが見えてからは、夢か幻でも見てたかのように全て吹き飛んだ。

あとちょっと。

ここを走り抜ければあとはゆっくり出来るんだ。

あとちょっと。

熱心な母親達が歓声を上げている。思わず鼓舞された。

あとちょっと。

この間で何人か抜き去る。いける。

あとちょ…………。

長ええええええええええええええ

あとちょっと長すぎだろ!人生で一番長い200mだよ!


それでもなんとか勢いを保ちつつ、ゴール。受け取った紙には「98」と書かれていた。

身体が安堵に包まれると同時に、すぐに地面にへたりこんだ。
我ながら情けない有様である。バスケ部の後輩が一様に嬉しさを噛み締めて、小躍りする程の元気を余らせていると言うのにね。

今回の教訓。
マラソンは気持ちで変わる。

やっぱり一瞬でも「これで結果残してなんになるんだ」と思うと、順位の変動は激しく変わる。ラストスパートで抜いた何人かには、恐らく気持ちで勝てたと言っても過言ではない。

披露困憊。もう今日は運動は出来ないよ~。


という訳で、午後はしゃしんとDDRをしました。足痛すぎワロエナイ
プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。