スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※全て事実です

悲劇は英語の時間の後の休み時間で起きた。

英語の授業をウトウトしながら受けたあと、俺はすぐに学生服を被って死んだように眠り込んだのだった。
少々覚醒しているほうがいい感じに寝れて気持ちいいとか夢の中で考えている内に目覚まし時計の音がなった。

チャイムなんだけどね。

それは授業の始まりを告げる音。
そして英語の次の授業は美術。美術といえば、移動教室で美術室にいかなければならないのである。
即ちこれは俺の遅刻の合図だね。

起きた時、当然教室には誰も居なかった。なんだか別の世界に居るような雰囲気で、しばらく浸っておきたかったが、そんな暇あるはずもない。

急いで教室のドアを開け、美術室に直行する。
ここでクラスの数人を問い詰めて「何故起こしてくれなかった」と聞きたかったところだが、教室の鍵が開いているので俺はまた忌まわしいクラス教室に戻らなければならないのである。もう授業は始まっているというのに。めんどくさい。

つか我らC組は変な統率が執れてて、大事な時はバラバラなんだよね。どうしたもんか。

その後の体育では待望のソフトボールだった。
最初の授業という事でキャッチボールだったのだが、野球が苦手な俺には十分キツかった。

捕球位はなんとか出来るが問題は投球だ。
ヘロヘロの球が、キャッチボールの相手の野球部の奴にワンバウンドして転がる。
そいつが投げ返してくる球を今度は全力でキャッチ。
一片位のび太の気持ちが分かった、貴重な時間だった。

そして久々の部活へ。
久々と言っても2日ぶりってだけだが、体が久々と感じてしまうものにはどうしようもない。
テンションが上がり過ぎて、せっかくの週1の部活が怪我で飛んでしまうほど。
「本末転倒」という言葉を使うタイミングはここで悪くはないはずだ。

せっかく完治したはずの腰をまた痛めた。
ドリブルでフロントコートまで運ぶ、という動作の間に怪我をした。
バスケでちょいちょい使われるドリブルして跳びながらボールを両手で掴み、両足で着地。

これをするだけで。腰が。
この動作は意外とアジリティーが無いときっちり止まれない。
俺は無理やり止まろうとして、左足に極度の負担がかかって腰がアボンになってしまった訳だが。

そして話題はPC本体の話へ。
最近エラーとかブルースクリーンとかで、記事一つ書くのにもすごく時間がかかる。
永続魔法「自動下書き機能」でちょいちょい記事を保存してくれるんだが、同じ事を2回も3回も書くのは億劫である。この記事もブルースクリーンの影響で3回目である。

課題は山のようにあるが大半は勉強の事なので無問題。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。