スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み突入

(゚∀゚)ヒャッフウウウウウウウウウウ
NA☆TSU☆YA☆SU☆MI

この夏の目標はとりあえず「文芸コンクール頑張る」と「扇風機だけで乗り切るようにする」の2つ。

その文芸コンクール、今年から色んな部門が出来て、俺得過ぎる状況なんだが勿論俺は「小説」部門に力を入れている。

しかし。
プロットとかキャラ作りを先にしないといけないのか。

初っ端冒頭1発目の文章が皆目思いつかない。
小説、とりわけ物語文って1行目で全てが決まると個人的には思っている。

「吾輩は猫である。名前はまだない。」
「サンタクロースをいつまで信じていたかなんて世間話にもならない程たわいもない話だが……………」
「私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。」

1行目を書き始めれば行雲流水の如く頭から言葉と言葉が繋がって、自然と文章が紡がれるもんだと考えている。このブログを書くにしても、毎回1行目で悩む。

散々苦悩した結果、今日みたいな書き出しが絞り出される訳だが。
「文章を書くのが好き」っていうだけで「小説を書くのは苦手」という状況に陥る人は多分世の中でも割と多いんじゃないかと思う。
難しいね。

昨日は夏祭りがあった。
しゃしん、バイト、アルカイックスマイル星人と一緒に4人で小学校の祭りに乱入。
旧友と会ったりもしてノスタルジーな気持ちを感じざるを得なかったが、過去に思いを馳せようとした所で俺の脳の「記憶」を司る部分は人より大幅に欠如しているので、なんとなく「楽しかった」という輪郭だけが蘇っただけで逆に雲を掴むようなもどかしい気分だけが助長していく一方だった気がしないでもない。

まぁ皆、特に女の子達は本当に誰か分からなくなるくらい可愛く、というよりキレイになっていた。中学生の1年でだいぶ変わるもんだね。

周りだけが成長している錯覚に苛まれもしたが、身長だけは伸びていると言われたのでまだ自信が持てた。視覚的に成長したというのはなんとなく大きいと思うしこれくらいしか自慢もないし。

郷愁に駆られた2時間弱も雷雲が小学校上空を横断して中止。でも何はともあれ充実した日だったと思う。


そろそろゲーセンに行きたい。
明日辺り、部活終わりにでも行きたい。
多少疲労が溜まってても行きたい。

起きれたら行こう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

小学校のときの級友と会ったのか。
いいなぁ、俺もアイツらに会いたいよ•••。

ハァ、昔を思い出すと懐かしくて、とても楽しいんだが、今の自分が惨めな、バカみたいな奴に見えるんだよ。そして思い返せば、昔の思い出まで空しい、白々しいものに感じるんだよ。

昔の思い出ってさ、なんであるんだろうな。確かにそれは時には人を奮い立たせるだろう。けどそれはいましたを生きる自分の足枷にもなる。

俺は過去なんて気にしたくない。忘れたい…。

あのにます7氏、あなたの意見が聞きたい。俺は過去とどう向き合うべきか。

迷惑なら答えなくても構わない。

長文失礼致した。

Re: No title

>青柳

>昔を思い出すと懐かしくて、とても楽しいんだが、今の自分が惨めな、バカみたいな奴に見えるんだよ。

昔の自分を恥じている訳では無くて、昔の自分と今の自分を比較して今の自分を嘆いてる訳だね。こんなタイプ珍しいと思う。

過去の自分を羨んでいるのなら、今の内に黒歴史を量産しとくべきだというのが個人的な意見。

別にふざけてる訳じゃなくてね。
現に俺は、物覚えは悪い割に小学校高学年から中1くらいまでの恥ずかしい記憶は脳内にずっと貼りついてて今でもあれやこれを鮮明に思い出せるくらいなんだよ。

時には開き直ることも重要だと思う。
そうやって黒歴史を積んでいけば、過去の自分を羨ましがることではなくて、今の自分を思い煩うことになるのよ。
それで月日が経つと、思い悩むのも面倒になって開き直れて、過去の自分の黒歴史を笑い話に出来るくらいにはなれると思うんだ。
過去の自分を笑えるまでになったら、今の自分にしがみついて行くしかなくなる。過去の自分と向き合おうとすると、特典のアンハッピーセットとして黒歴史がどうしても蘇るからね。

でもまぁこういう問題はすぐに答えが出るわけでもないし、今言ったことは途方も無い話だからね。
んん…………難しい。

No title

>あのにます7氏
ありがとう。少し落ち着きを取り戻せた。
そして決心できた。
俺は現状を打破する。
自分の持つ全ての壁を1つずつ壊す。
俺はもう逃げない。

No title

今年はあわんだったねー

花火大会こないのはなびたいかい

Re: No title

>青柳
いやいや。すまないね、なんかろくなアドバイス出来なくて。
でもこれはあくまで俺の生き方を参考にした上でのことだから答えは自分なりでいいと思うよ。

>ゆん
という風に結構シリアスな話題をしてたのにその空気をおま……………。
いや花火大会行くけども。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。