スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送別試合

文字通りバスケ漬けの日だった。

3年生の送別試合と銘打って行われた全7試合。3年対2年と3年対1年を繰り返して戦う。勝ったチームには相応の景品、負けたチームには一応の景品が渡される。

しかしたった1つ2つ年上と言っても実力差は明らか。当然ハンデはつけられる。
一番ひどかった1年生チームの例で行くと
「先に1年生チームに20点。コーチを出すのもアリ。ファールしたら罰ゲーム」
とかだった。

先に言うと今回は掛け値なしに本当に面白い送別試合だった。
3年生のハンデも「3分間パスナシ」ならまだしも「ファールでバットを額に付けて回る(あれなんか名前あった気がする)やつ」とかあったからね。

そしてラストに行われる3年スタメン対2年スタメンのガチンコ対決以外は皆勝敗に固執せず「楽しく戦う」というものだった様に見える。3Pの撃ち合いや最も背の低い人のジャンプボール。

いや、肝心の我がチームの試合に関しては全員本気だったかもしれない。少なくとも2年生は本気で挑んでいた。
快勝という結果は手に入れれたものの、その試合に出場したメンバーは全員疲労困配だった。メッチャ疲れた。

そして3年対2年のガチンコ勝負。
俺はギリギリ2年スタメン組に食い込むことが出来なかったのでベンチから声援を送ることとなった。

…………………………声援を送ろうという努力はしたんだけどね。
開始して数分は両チームともかなり緊張した雰囲気で試合が運ばれていた。当然お互い全力だからだろう。両チームベンチも応援をし辛い雰囲気となっていたので勿論しなかった。こんな所でフザけた応援をしようものなら先輩や保護者だけでなく後輩やコーチ達にも白い目で見られること請け合いだ。

厳しい試合で点差もかなりつくだろうという皆の脳内予想とは裏腹に現実は2年生チームが前半終始リードを守るという結果だった。
リバウンド、DF、全てにおいて2年生チームは勝っていたように思う。相手は超速いPGくらいが攻め手であり、数人でヘルプに行くと簡単にゴール数が減る程だった。

勝利の女神が半笑いになった所で後半戦。
ガード陣が我慢強くDFしており、後半は積極的にOFに参加していた。カッティングやドライブは3年生を押していた要因の一つである。
なにより前述した最速のPGをウチのSGがブロックしたのが驚いた。それでも点差は片手の指で数えられる程しかないクロスゲーム。
勝利の采配がこちらに上げられた理由はやはりDFだろう。リードを守りきったまま試合終了の合図が鳴った時は感動した。送別試合で3年生に勝ってしまうのはどうかとかそんな意見知らない。3年生に勝ったという事実だけが我々のこれからの支えになるだろう。

最後に3年生からの言葉や2年生キャプテンの言葉を以って終了。3年生へとなる時がどんどん近づいてきた。

ではこの場を借りて3年生の方々に労りと感謝の言葉を。

先輩方、3年間お疲れ様でした。
そして何より今までありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最後は感動した・・・でたっかたなあ

Re: No title

>バイト氏
俺も出たかったよ。ただあの雰囲気はやっぱり幾度となくギリギリのゲームを越えてきた両チームの特有の緊張感があったからなぁ。
あそこでミスしたりしたら…………………考えたくも無い。

No title

まさか負けるとはな…orz

Re: No title

>Masa24先輩
2、3年はおろか、コーチや顧問も全く予想してなかったでしょう。
ともあれ、勝ててよかったです。

No title

まぁ…俺らの代は…あれだ…

はぁ…

Re: No title

>Masa24先輩
アレ、ですか…………。
プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。