スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者に厳しいDIVA

昨日はL.D.と共にアニメイトに行ってた。
戦利品。戦利品

8000円位持っていったが、アニメイトに行くまでの道のりでその半分近くを使った。皆日本の経済回そうぜ!!
これ説明いる?ご覧の通りなんだが。

え~と、長門、長門、長門。
3行前に書いた「半分近く使った」というのは長門なんだが。これでもお買い得な方。
エンドレスエイトの長門が2000円弱で買えたのは収穫。タオルと右下の奴で1000円行ったかな?
けいおん!!のファイルはなんとなく。ちょっとファイルが切れつつあるから。
左端のやよいが可愛らしく写ってるのは言うまでもなくアイマス。これを買った決定的な理由は裏にプリントされてる伊織だったんだが。
「嘘つき~」のブックカバーもなんとなく。欲しかったから、ブックカバー。
そして珍しく唯一のラノベ、「アクセルワールド」。何かと話題だったので買ってみた。
設定が中学生っぽいがまぁ厨2の俺には分相応だろう。

その他クドのお守りとか超電磁砲の手帳とか。これから備忘録として陰ながら活躍してくれるかどうかは神のみぞ知る。普通にマイバッグの中が豊かになるだけだろうが。

そんな感じで6000円位費やし、残りはどこに行ったかというと、ProjectDIVAに費やした。ボカロ厨のL.D.はPSPでやった事があったらしく、DIVAのカードを作ったかと思うといつの間にか「HARD」レベルはクリアできるようになっていた。恐るべし、ボカロ厨。

こちらも負けじと参戦。
HARDも滞りなくクリアできるようになっているので次は「パーフェクトクリアトライアル」に挑戦しようと思った矢先であった。
いつも通りゲームを始めようと○ボタンを押し、曲が始まった時。何やら聞き覚えのある声が耳に入ってくる。誰かは思い出せない。
やむなくゲームスタート。しかし横から幾度となく茶々が入ってくる。
特に△ボタンの表示と何者かの恐らく右手の、親指、中指、薬指で形成されたキツネが見事に重なって△の表示が見えなかった時は僅かな殺意が見え隠れしたがそれは後だ。

あ!やっちまった。

イライラゲージが最高値に達するかと思われた所でゲーム終了。「パーフェクトクリアトライアル」という位だから1回でもミスると終わりである。
額に血管が浮かんでるのを悟られないよう、笑顔で振り返る。内心は、振り返った時に視界に入る人間によっては警察が出動するまで暴れてやろうと思っていた。
しかし幸か不幸か右手でキツネを作った主は、先輩だった。これでは怒るに怒れない。
4人位で来ていたようだが、邪魔するだけ邪魔して帰っていった。イライラと何しにきたんだろうという疑問が脳内に一気に広がる。そこで考えた。
鏡音リンの「孤独の果て」。これは確か上手い方がやっているのを見たことがある。5つ位マークが並ぶ高速連打だったか。連打は厳しいがそれ以外もぬるい。これはいける。
そんななんの根拠もない自身だけが一人歩きし、それに釣られるように体が着いて行く。何を思っていたのか意気揚々だった。
ゲームスタート。
所どころミスるが、連打の鬼門を抜ければゴールはすぐそこだ。
キタ。連打。よし行くぞ。

WORST」「WORST」「WORST」「WORST」「WORST

なんでだああああああああああああああああああああああ!!!!!

俺ちゃんと押したぞ?5回。
そして画面が真っ暗に。次に映されたのはここでもかとばかりに画面いっぱいに広がる「MISSTAKE」の文字。畜生。

ここで時間と所持金切れ。後味悪い。
帰路に着き、L.D.とゆっくり電車に揺られながら毎日見ている我が地元の駅で降りる。あー悔しい。

家で机に向かって30分連打の練習したのはまた別のお話。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長門2000円wwwwwwwwそれ高いわwwwwwwwwwwwwwwww
俺800円で買ったwwwwwwwwwwwwwwww

タオルはしらねぇな…orz

Re: No title

>Masa24先輩
マジすかwwwwフィギュアって普通にこれくらいするんだと思ってました。
プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。