スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まりを告げる鐘

先日、「長期休みが明けると宿題やテストで話題が事欠かない」と書いたが当の宿題が多すぎて更新出来なかった。
数学のプリントを夜を徹して完成させ、只今国語に追われている次第です。

今日あったことと言えばまず駅から学校までを10分で行った。メッチャ走った。
汗を頬や額に貼り付けながらの朝礼。
先生が黒板に文字を書いては写し、書いては写しとこれからまたこの作業ゲーをする日々が始まるのかと嘆きつつ、中学生の身分では文句も言えない事を自分に言い聞かせ、シャーペンを走らせているといつの間にか長期休み明け恒例実力テストの始まりを告げる鐘が鳴ったので(この「始まりを~」の表現カッコいい。多様していこう)試験の教科はなんだったかなと考え、数学だった事に思考が行きつき、解答用紙を埋めている間にテストの終わりを告げる鐘が鳴ったのでシャーペンを置くことにした。

そして数学の試験の難易度というと、左目を使って左手で書ける程と言えばその試験の簡単さが分かると思う。そして左しか使っていないのに実際脳が働いているのは右側だということも人間の体の作りの不思議さが分かると思う。なんでだろうね。

そんなどうでもいいことを考えている間に次の試験が開始s…………………始まりを告げる鐘が鳴る。
続いては「GTEC」と呼ばれる謎の組織が全国展開して配布しているテストだ。その謎さたるや俺でさえ当日までGTECのテストが行われる事を知らなかった程だ。いや、忘れてただけというごもっともな意見は勿論聞こえておりますとも。
結論から言うと、左側どころか両側の脳をフル稼働させても解けなかったんだが。
それこそ脳の細部まで記憶を掘り起こして単語を拾っていったが分からない問題が続出してしまい。最終的には運命を六角形の鉛筆に委ねる所まで行った。
必死に解答を導こうとしても、どうしても時間が足りない。時間に追われるというのはまさにこのことだ。
そして試験の終わりを告げる鐘が鳴る。この表現もそろそろしつこいのでこの辺で自粛しよう。

こうして1時間以上に渡る死闘、というか俺の六角形鉛筆がはどんど頑張ってくれたが、終わった。

放課後、部活。
あれだけ自慢してたダブルクラッチがあまり発動しなかった。
ツーメンとか2対1とか余裕のある状況では出来なくもないんだけど、実践練習になってくるとDFの上手い奴にはクラッチに入る前にあっさり止められてしまう。今回多かったパターンとしてはクラッチまで持って行って空中でパス。自分で決めてぇぇぇぇぇぇ!!!下級生を驚かせてぇ!!!!
そんな叶わない願望を心の奥底に封印しとく。皆でやるのがバスケだよね、うん。
先輩達もちょくちょく練習に参加するので、ここぞとばかりに先輩に対してドライブ!!止められる!!パス。いつか先輩を越えたいものです。

さて、そろそろまとめに入っていかないと国語宿題をする時間が減るので、まとめとしては明日行われる事を言うのが定石。
明日は国語と英語の試験がある。国語はともかくとして英語。あの宿題と同じレベルの問題を出されたら即撃沈である事は目に見えているので、出来るだけ国語の宿題には時間をかけたくはない。まとめ終わり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キョンみたいだ>口調

Re: No title

>Masa24先輩
ぶっちゃけ狙ってました。
ラノベっぽい表現は好きですがもしなれてもラノベ作家にはなりたくないと思ってたりします。
プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。