スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ゚д゚)ポカーン

怒涛のテスト消化期間2日目である。

問題の傾向も中学の頃とは、些か違いがある。現代文が良心的だったというのが意外も意外である。

そして英語を重んじる我が高校は、英語だけでなんと3教科もある。
授業をある程度真面目に受けている、というだけではテスト前に「ところで何処の範囲を勉強したらいいん?現象」に陥ってしまうのがこの学校の生徒のデフォルトのようだ。

かくいう自分は、試験中にも関わらず絶賛活動中のバスケ部の練習で、死んだように眠りこんでしまった。目を覚ました頃には、朝の新聞配達のバイクの音が空しく鳴り響いていた。

然るべき報いと「ところで何処の範囲を勉強したらいいん?現象」のコンボで見事ノックアウト。50点のボーダーラインには到底届きそうもない。

英語は平均点低い(小声)


明日が折り返し地点となる。科目は数学のみ。
難易度はそれほどでも無さそうではあるが、油断できる身分でもない。

とりあえず、ここで取り返す。
スポンサーサイト

試験2日目

そんな訳で2日目。

音楽と英語2の2科目だった。

「これ意外と余裕じゃね」と思って挑むどこかの黒子信者みたいになるから、割と緊張感を持って臨んだ2日目。


余裕だった。


と、本気で言えるのは音楽の方である。
音楽は50点満点の試験で、2学期に行った授業の僅かな量が試験範囲となっていた。

まず、試験の解答用紙が1枚配られる。
しかしいつまで経っても、試験官の先生が問題用紙を配る気配はなく、もうやることはないと言った様子で棒立ちであった。

それもそのはず、些か御法度ではあるが紙を透かすと、同じ1枚の用紙の中に問題用紙と解答用紙が同居している。

試験が始まる。

開始5分でシャーペンが机を叩く音が消え、更に5分後には寝息が教室中を支配していた。

かくいう自分も、必ずしも十全な準備をしていたとは言い難かったが、迷うことなく解けた。
かなり眠かったので、多分30分くらい寝てた。


そして英語2。
これも周囲の人間にとっては、なんの波乱もないいつも通りの試験だっただろう。

何故か自分の解答用紙に髪がくるっくるのヒゲの生えたお姉さんという斬新な人物が書かれているのには流石に違和感を持ったので書き直したが。


明日は英語1と国語1の試験が行われる。
英語1は、80は取れる自信がなくはない。
国語1は微妙ではあるが、それなりの点数が刻まれることだろう。

みんな頑張れ。

期末試験初日

試験の真っ只中で上げるのもたまにはいいと思う。そんな余裕ないけど。

という訳で期末試験の火蓋が切って叩き落とされた。今日は長い長い戦いの初日が終わった日である。
行われた試験は、公民、理科2、数学1。
初日だけ科目数が3つなので、初っ端で幸先の良いスタートを切れない奴は、大概成績がマイナスに転じるというのが3年間培ってきた数少ない経験則の1つから分かることである。

予想理想。

公民 70点
理科2 75点
数学1 78点

流石にこれだけないとマズいと思う。これを下回るというのはない。はず。と思う。多分。恐らく。

公民は、徹夜が終わりにさしかかる、朝の残り1時間だけ勉強して試験に望んだものの、思いのほか脳みそから流しそうめんのようにスルスル答えが浮かび上がんだので、辛うじて乗り切る。

理科2は、ひたすら試験の解答欄が狭すぎたことだけが気がかり。理由を述べるのに解答欄の幅が人差し指くらいのスペースしか用意されてなかったので、少し情報過多だったかもしれない。

数学1は、勉強出来ず。ただ、大問は大体とれたと思う。
でも中間の分の負債があるから、なんとも言い難い。


明日は音楽と英語2である。
両方共結構な覚えゲーではあるものの、ここで点をとっておきたい。

目標としては

音楽 40/50点
英語2 85点

といった所。
プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。