スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終業式の夜

お天気キャスターが例年通り口ずさむ「例年より暑い」という言葉も、テレビならではの誇張表現であると思っていたが、いざ夏に入ってみると存外例年より暑く感じるものだ。

我が家の近所では、大方目の前に広がる川の草刈りが始まったくらいが夏の始まりを告げているというのが指標である。
セミも夏本番へ向けて少しずつアップを始めている。

「クーラー無しで夏を乗り切る」という目標は、3日程で潰えた。まぁ無理である。


記憶の構成が机の引出しだとするならば、「期末試験」と書かれた引出しにはガムテープを貼り、上から釘を何重にも打ち付けたうえで、南京錠でも閉めたいものだが、いやはや「終業式」というイベントはそんな開放厳禁の引出しをものともせずブチ開けてくる。

しかし意外も意外、蓋を開けてみると、と言うか引出しを開けてみると、60点台に乗っていたのだ。
バスケ部的には、罰走の基準である60点を上回ることが出来、懸念材料が1つ減ったというのが最も大きい。アレ超キツイ

可もなく不可もなく夏休みを迎えられたことは夢のようではあるが、その夏休みも悪夢の始まりである。

最近の体育館の気温と同調するかの様に過激さを増してきたバスケ部の練習の合間を縫って、これまた体育館の湿度と同調するかの様に過酷さを増した学校の宿題のダブルパンチ。多過ぎぃ!


夏休みの終わりにベッドの上で、山積みになった宿題を見て悶絶する自分が想像できるが、それはさておき「SIREN」という名作ホラーゲームを買いました。これに夏休みの情熱と時間を注ぐつもりです。
                                ↑1ヶ月半後に向けてのフラグ建築。

夏休みは計画的に。
スポンサーサイト

ブンブンリョードー

風呂に入った後に、「そういえば風呂に入ったっけ」となってしまうほど、脳みその重大な部分に欠陥が見られる我が貧しい記憶力であるが、それでもその記憶を辿ってみると、中間試験がついこの前だったように感じられる。

「高等部は、中学の頃のテストの平均点より10点下がるらしい」と、度々生徒たちの口の端から漏れて伝わって来た。

10点も下がるのかと、心の中で呟いていたが、予想というのは大方外れるもので、15点下がった。10点どころじゃなかった。


驚くことに相対的な順位は下がるどころか上がっていたのが不可解である。

そして、それをダシにして、親とスマートフォン購入の交渉。
「スマホは、遊ぶだけじゃなくて、調べものもできるんだよ!」と進研ゼ○みたいなことで外堀を埋めていくが、うちの親の首は蟹にでもなったのか、縦ではなく横に動くだけである。

それでも「お願いします」と何百回も頭を下げている内に、向こうが折れた。やっぱり最後は粘り勝ち。


auショップに行き、一通りの説明を聞き流し、購入。

64GBのiphone5ということで、完全に私の身には余っています。誰か32GBくらい使わない?



最も手間取ったのは、wi‐fi接続までのくだりである。
うちのbuffaloはなかなかの曲者で、家の中でwi‐fiを探しているにも関わらず、無反応なままで、しかも何故か他人の家の無線を拾ってしまうという謎だらけのものである。

スカイプを通じてしゃしんしゃんに協力を仰ぎ、約1時間でなんとか接続。

とにかくアプリと動画を入れまくったが、5GBしか使えていない。
だ、大は小を兼ねるっていうから、これでもいいよね(震え声)


部活は、以前にも増してキツさが上乗せされた。
今はウィンターカップを目指している。


さて、もう高等部生活も2か月目である。
クラスでもだんだんと馴染めて来て、キャラも定着してきている。

しかし、最大の不安材料はこれからである。
毎日週の課題に追われて、しかも英語や数学の小テストをちょこちょこやられて、なんとか1週間を終える。まだ始まったばかりの高等部生活のモチベーションは、早くも大学への期待へと変わっている。

文武両道の言葉の重みは実際に両方の道を突き進まなければ、存外分からないものである。


次は期末。
ここで少しでも上昇傾向になることを祈ろう。

夏の兆し

暑い。

暑い。

終日部活のみで一日が終わったGWも終わり、中間試験という第一チェック地点の旗がもう目前に控えている。

全国では、かなりの場所で真夏日を記録したそうで、当然近畿も例には漏れず、太陽が夏に向けてアップを始めたのかと思うほどの暑さだった。

高校生になっても、朝の電車に間に合うためのランニングは欠かさず続いており、朝から紫外線の洗礼を受けつつ、頬から滴る汗を拭って、電車に乗る。


超暑い。


3年間お世話になっている、お馴染みのローカル電車も、未だに様子見とでも言うのか、クーラーを回していないのだった。
そしてこの人口密度である。

せっかく滝のように溢れ出る汗を拭ったというのに、汗腺は再び活動を再開し、体にSOS信号を送る。

登校するだけで、Tシャツ一杯に水分が行きわたっていました。


そして、学校に登校したあとも苦行は続く。家でやってきた宿題を忘れたことに気付いたのだ。
その宿題も、

学校で途中まで一度やって
   ↓
家に帰った後に忘れたことに気付き、
   ↓
仕方なく家で残りの宿題をやり、
   ↓
それを学校に持ってくるのを忘れる。


という謎のサイクルを展開。     あのにむは二度忘れる。


そんなこんなで、話題を挙げるには暇がないが、高校最初の中間試験が始まる。

鬼:     なし
むずかしい: 現社 生物
ふつう:   数学 現文 英語2つ 化学 古典
かんたん:  英語(単語)

こんな感じだろう。
レベル鬼が無いのは、まだ判断を下すには情報が少ないからである。恐らくここには「現社」の名前が刻まれるだろうが。

この土日が終われば、運命の試験。
そろそろ本気を出してもいいだろう。いやマジで。

中学部編終了

ところで、地元の名門私立中学校は中高一貫なので、卒業式はやらないそうな。

それを考えれば、中高どころか大学まで一緒の人間がいるにも関わらず中学である程度の規模の卒業式をやってくれるのは、親や先生をはじめ、周囲の大人の人に恵まれているという外ない。

卒業式自体は、つつがなく終了した。
しかし、これもまた我々のクラスのクオリティが前面に出て、目薬を差して涙を演出する奴や、先生が話しているときに飯を食おうとする者など、飽くことがない卒業式であった。

本当に、普通の中学生より幸せで楽しい学校生活を営めたと自負できる。
漫画で言うなら、普通の中学生が『BLEACH』で、自分が『テニヌの王子様』だ。両方ギャグ漫画だから比べようがないね(すっとぼけ)。


感動の卒業式終了。
みんな、3年間ありがとう!







ということがあり、中学部生活は幕を閉じ、~AFTER STORY~図書部合宿に参加した。

どうでもいいけど、なんか千刈って「零」の皆神村に雰囲気似てると思った。本当はそんなに怖くないけど。

それも相俟ってか、肌寒かった。歯がガチガチ言ってた。
とりあえず印象に残ったのは、本の紹介。

ここで持論を展開するのもアレだけど、やっぱり話し手は「熱意(あつい)」だけで本の魅力を伝えようとするのは間違ってると思った。
どれだけ自分がその物事を誰よりも深く愛しているとしても、その魅力は皆の前で熱弁を奮っているだけでは果たして伝わることは無いのだ。

例えば、どっかの牧師や大統領くらい話す技量、技術があればまた変わってくるが、何よりも話自体が面白いこと、取り分け「ツカミ」が大事という基本的なことに気付かなかった。

人の興味を惹くというのは難しい。しかし、長く喋れば喋るほどそのプレゼンは色を失う。


結果、9割興味惹くだけになっちゃったんですけどね。


これだから人の前で喋るのは苦手だ。
本は、河野裕・著『サクラダリセット』を紹介した。これは名著。

恐らく、最も魅力が伝わっているであろう、牧氏に渡した。


次の山場であるクイズは、そこそこの活躍だった。
ぺ、ペーパーは苦手だから(小声)


最後の山場は飯作り。
やっぱりクレープはホイップが占める割合が多いわ。


とまぁこんな感じで、3年生としては、本当に最後の催しだった。



みんな、3年間ありがとう!







ということがあり、まだまだ続く、高等部出張編。
高等部に教科書を貰いに行くのが主な日だった。

これだけは本当に意味が分からないのだが、英・数・国のあの量の宿題に更に50P宿題を上乗せするなんて鬼畜過ぎやしませんかねぇ………。

心の中で悪態をつきつつ、

(まぁ一日3Pやれば終わる)

というまず出来ない努力を内心掲げながら、若い先生が「心電図をとる」という風に令を出したので、いざ心電図へ。

クラスも同じで出席番号が近い珱花が「心電図とる時って笑っちゃうよな」とか直前に抜かして来たので、笑いを堪えるので必至だった必死だった。

あとで怒っておいた。


その他にも耳鼻科、眼科をパスし、高等部への出張は終わった。


これで本当に、真実に、マジで、中学部としての行動はなくなる。


みんな、3年間ありがとう!

す、すぽおおおおおおおおお

高等部への準備に追われる日々。

しかし相変わらず暇で暇で仕方ないので、勢いで積みゲーしていた内のゲームを3本クリアした。人間集中力だね。

「デジタルカードアリーナ」「デジモンワールド3」「ラチェット&クランク4」

の3つを制覇。
今は「零~紅い蝶~」と「真・三國無双」と「FF Ⅷ」をやっている。


それはさておき、高等部の話に戻ると、まず面接を行った。
割とリラックスした状態で臨めた。年上と話すのは苦手ではない。

面「………なるほど。文化祭を頑張ったと。」
あ「はい。」
面「では、本は読まれますか?」
あ「え?(いきなり話題が変わったな)はい、ある程度」
面「どのような種類のものを?」
あ「えー、ライト、ライトな感じの本を、ライトな小説を………(ライトノベルとは言わない)」
面「例えば?」
あ「ハー………ファ、ファンタジーとかです(ハーレム物とは絶対に言わない)」
面「あっ………(察し)」


察しないで。


合格発表。


先生「えーでは合格発表ということで、まぁ全員合格です。」

一同「ウエエエエ………エエエエェェ…………ェェェィ………。」


喜びにくいわ。



という感じで割と色々ありながらも、今日は制服採寸。

20分弱で終わるイベントに拍子抜けで、皆一様に「え?帰っていいの?」と言いたげな顔を浮かべながら帰っていく。

かくいう自分はなぜか他のクラスのサッカーに混ざることに。
めっちゃ汗流した。久々に運動したような錯覚に陥ったが、よく考えたら登校の時に毎朝走ってるので、完全に気のせいである。


そして家に着き、高校からいきなり出された宿題に唖然として、ベッドにダイブした次第である。多過ぎ。

最近は足繁く古本市場に通って、面白いプレステのソフトと、マンガ探しをしている。

ちなみに先日、巷で有名の「モンキーボール」を買いに自転車を走らせた。


あ「モンキーボールってありますか?」
店「え?えーっと………こちらですか?」

いや俺が欲しいのは「Money Ball」じゃないですって。
仮にそうだったとしたら、すごい間違いだな。

しかしよく見ると、違いは「k」の有無だけである。あの店員、やりおるでぇ…………。

何故か恥ずかしい思いをしたので、そのまま店を出て行った。
正しいはずなのに、なんで恥ずかしいんだろう。


と、そのような出来事がゆっくりと進んだ一週間でした。
プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。