スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年間のダイジェスト

バイトがやっていたので、二番煎じながらこの3年間を振り返り。

入学。
期待に胸を躍らせながら、詰襟に袖を通し、これから3年間使う学び舎を見て妄想した日もそう近くはなくなった。

入学当初は、価値観が今とはえらく違っていた。
当時は「その場にいる全員を楽しませる」という信念を少なからず持っていた。しかしそれが「全員」ではなく「多数派」だったことに気付いたのは、バイトと出会ってからだったと思う。

その時は「これ程俺と考え方が違うのか」と神の啓示を受けたかのように全身に電撃が走った。
こんな種類の人間がいるのに「全員を楽しませる」というのは、ただの我儘、いや想像の世界に過ぎなかったのだった。

それから、しばらくはかなり悩んでいたと思う。
己の価値観がかなり揺さぶられていたのは言うまでもない。

2年生へ進級。
この頃は、上記のようなことがあってか何事も上手く行ってなかった様に思う。

この辺りから、しゃしんが熱烈な図書部勧誘をしてきた記憶があるが、あまり自信がない。なんか四六時中「図書部来ようぜ」と言っていた気がする。

バスケもここから3年生にかけては不振だったという外ない。
遅刻の上に遅刻、そして遅刻とチームに迷惑をかけた自覚が全く無かった辺り、反省点は両手両足の指の数には収まらない。多分肋骨の数を足したら足りるくらいだと思う。

2年生最後には副会長としてバイトと生徒会選挙に出馬。
これは本当に、独断で申し訳ないことをしたと今でも後悔の念gひろみちお兄さんだよこんにちわああああああああああああああああああ


血迷うとはこのことだったんだね。
多くの票を得られたものの、遠く及ばず。投票してくださった人には頭が上がりません。

3年生へ進級。
そもそもこの進級自体が割と危うかった。

せんせいとたのしいおはなしをたくさんしたよ。

この時から何故か人が変わったかのように「他人へ尽くそう」という新たな価値観が生まれた。
恐らく多感な時期に色んな先輩や大人と話したり、本を読んだ結果、自分でもよく分からない人格が形成されたのだろう。

という風に今では結論づけてはいるが、多分先生に認められたかったのだろう。我ながら呆れる理由だ。
当時は、大人の評価が欲しかったのだ。
何もかも、上手く行ってなかったから。


とにもかくにもこれを境に、体育大会、文化祭実行委員、甲麓編集委員、骨髄バンク、赤い羽根募金等、色々と首を突っ込んでいった。
こういう場を踏む度に、他人の評価がどうでもよくなっていった自分がいる。良くも悪くも。


そして図書部への(事実上)入部。
文化祭では最後の展示に配置され、模造紙に立体に、全く作る時間がなかったんを覚えている。バイトもしゃしんも多忙だったからだ。

そこで、なまくらや高スペック1年生に助けられながらも、完成。
図書部の展示最優秀団体の喜びを分かちあった。

1月には入試助手に選ばれる。
これが何気に手放しで喜んでいた。
どうでもいいとはいいながらも約1年前の、大人に認められたかった、それが少しでも報われた気がしたから。
断じてツンデレではない。


そこから卒業式までは長いようで短かった。
まさしく光陰矢の如しだ。


この3年間。
長い短いは最早、議論の必要は無い。


ただただ、楽しかった。
辛かったことも少なくはなかったし、これからもあるだろうが、人生において「辛い」というのは「楽しむ」ためのスパイスなのだ。

自分の人生は少なくともスパイスが多くて「辛く」なったりはしない。


色んな先生方に感謝の気持ちを述べたい。
ありがとうございました。

中学部での生活は「楽しかった」に尽きる。



そして、出来ればこれが「人生で一番楽しかった時期」にならないようにしたい。

これからも「楽しく」生きる。
スポンサーサイト

トリートメントのない話

その時は頭を悩ませて、眉間に皺を寄せていたり額に手を当てていたりして、結局自暴自棄になって投げ出してしまっていたことも、振り返ってみるとたわいもない笑い話になってしまったりして、当時散々苦悩していたのはなんだったんだと思ってしまうことなんてのは生きていて軽く煩悩の数を越える位にはあると思う。

久々の長文駄文書き出し。やっぱこうじゃないと。

という訳で冒頭の話が前フリにも伏線にもなっていないが、修学旅行に行ってきた。

まぁ旅行中は山あり山ありでそろそろ寝不足で突如倒れてもいいくらいのレベルではあったが、よくよく考えれば日常的に睡眠量が著しく低いので、この程度のエマージェンシーは容易に耐えらrムニャムニャもう食べられない………。

それはさておき、「毎日が校外学習」と言っていた誰かの言葉を引用させてもらうと、毎日が校外学習だった。

資料館に博物館と、「もう『館』は懲り懲りだー」とか言いながら旅館に泊まった。

初日は部屋に10人分のベッドが所狭しと敷き詰められており、夜中になると、必然的にそれぞれの小声が集まり、それが先生に悟られるのは時間の問題であった。

程なくして、先生の額に浮き上がる血管を見ながら正座させられることとなり。

初っ端からイエローカード、いやレッドカードを貰った我々の班はもう1枚貰うと出場停止になってしまうので、以降肩身が狭い旅行を送ることになったのは言うまでもない。


まぁ逆にね。最初にそういうのがあると、それからの景色はきっとなんでも美しくなるさ!と元気づけながら涙を拭いて寝た初日でした。

その後も様々な紆余曲折があったが、この言い方だと楽しかったことが皆無みたいなので楽しかったこと。

・ウン万ドルの夜景
・人生初の路面電車
・眼鏡橋&某高校など、アニメ「sola」の聖地巡礼
・何故かイケメン侍が多い熊本城
・30分近く悩んだパズルを数分でやまさんに解かれる

などなど数多の出来事に、僕満足!

写真あげようとしたけど、サイズがデカすぎて諦めざるを得なかった。サイズの調節って面倒くさいよね。

続・マジ苦行

タイトルはアレだけど、まず何を差し置いても言いたいことがあるので、この場を借りて言わせていただきたい。

今日はまぁ武庫川マラソンの次の日とあって皆口を開けば「しんどい」だの「面倒」だの校内に、いや口内に愚痴が溢れるように流れた。
そしてそんな中学部の鬱ムードとは全く関係なく、付属(漢字合ってるか不安。失礼な使い方だったらやめとく)の高等部では入試が行われていた。
中学部は勿論高等部の近くをウロウロするのはダメとアナウンスされており、それが中学部生にとってどうマイナスになるのかと言うと、食堂を利用できない事に尽きる。
食堂勢の漏れは学校の行きに飯を買うべきだったんだ。そうなんだ。
しかし今朝、中途半端な時間に家を出てしまった為電車が普段と違うタイミングで来てしまった。急ぎで階段を登り駅のホームまで全力疾走。
なんとか間に合った。安心感が心を埋めてしまい、飯の事などどこへやら。
途中でしゃしんと遭遇。こんなやつも文化総部長になれてしまうのだから、今日も日本は平和です。

いや経緯が長すぎたな。時間は昼休みまで跳ぶ。
昼休みに気付いた。飯を買い忘れたことを。
まず売店に行ってカロリーメイトでも買って………………と思ったが売店は高等部にある。
水だけで凌ぐしか!!
昼休みにコンビニまで走って行かせてもらえるほど日本は平和じゃない。うん、前言撤回だ。
このまま家に帰るまで断食だという絶望感に浸りながら教室に戻り自分の席に腰を下ろす。わざと大きなため息をついてみたり。
それを察し隣のT君がご飯を恵んでくれる。心の中でひたすら「ありがとう」と叫ぶ。そこは口に出せよ、俺。
礼を言わないのも不躾かと思い両手で彼の右手をしっかり握り感謝の言葉を並べる。
すると今度は前の席のN君が分けてくれた。
それに連なるように数人の方々が分けてくれた。
遂にはYKT先生も分けてくれた。大量生産の揚げたエビも今回は温かった。

友情とはなんと良いものなのか。

語彙力がないのでもうこれ以上いい表現を出来ないが、とにかく「友情はいい」。
この場を借りて(FC2ブログの場?)、お礼を申し上げたい。大文字にして。


本当にありがとう!!!


すげぇ、最終回みたいだ。
しかしもういくら感謝の言葉を羅列しても足りないほどだ。この気持ちをどう表すべきだろうか。
もうひたすらありがたいという気持ちしかない。

―――――――-ここまでテンプレ――――――――

そして唐突に1日戻って、武庫マラの話。
10km。
長いな。50m走×200本。
走る前からもうしんどい。当日起きた時から、家に居るにもかかわらず「帰りたい」とか呟いてしまった。
色々あって武庫川に着く。
体は万全なのに精神は追い詰められていく一方だ。
色々説明あって、「おまいらこれから10kmもがき苦しめ」の合図の空砲が鳴る。
何百mにも連なる地獄絵図。いきなりペース配分ミスしたのに気付いたのは走り終わってから。
5km地点までは凄いいいペースでもしかしたら2桁台でもおかしくない位だった。
しかし7km地点。
ふくらはぎに突き刺されような痛み。続いて足首より下が痺れる。
これは非常にまずい。しかし止まるとそこからもう動けなくなる気がした。比喩とかじゃなく本当にそう思った。
そのまま2km走る。多分ここで80人位に抜かれただろう。100位代の方々、燃え尽きた俺の姿が見えたことであろう。
しかし残り1kmで神の遅すぎる御手が。足が痺れすぎていい加減痛みが気にならなくなっていったんだ。
そこでまた10人抜く。あと200mあったら5つは順位上がっていたであろう。まぁ髪に感謝しとこう。
順位の紙を貰う。バスケ部は200位以内じゃないと試合に出れないらしいが………………。

192位。

あ、危ない。
去年から30位しか上がってないが文句は言うまい。
でも悔しいなぁ。
走り終わってから1分したら嘘のように痛みがなくなるから自分の足には呆れる。

昼に終わったので友達2人とカラオケ。
意外と熱い曲ばかり歌う春牧。ちょいちょい高音で歌うバイト。
俺は80~90点をウロウロ。
そんな感じで4時間位歌い続ける。

走って歌って。
疲れて風呂の中で夢の世界に入ってしまい、現実に帰ってきた時は自分に納得したね。疲れてるんだなぁ、と。

しかしマラソンの結果よりブログランキングの方が上って微妙な気持ち。
これからもあのにますの活躍に乞うご期待!!

土日は練習ないから、とりあえずレポートの資料集めでするか。

マジ苦行……………・。

タイトルはアレだけど、まず何を差し置いても言いたいことがあるので、この場を借りて言わせていただきたい。

今日はまぁ武庫川マラソンの次の日とあって皆口を開けば「しんどい」だの「面倒」だの校内に、いや口内に愚痴が溢れるように流れた。
そしてそんな中学部の鬱ムードとは全く関係なく、付属(漢字合ってるか不安。失礼な使い方だったらやめとく)の高等部では入試が行われていた。
中学部は勿論高等部の近くをウロウロするのはダメとアナウンスされており、それが中学部生にとってどうマイナスになるのかと言うと、食堂を利用できない事に尽きる。
食堂勢の漏れは学校の行きに飯を買うべきだったんだ。そうなんだ。
しかし今朝、中途半端な時間に家を出てしまった為電車が普段と違うタイミングで来てしまった。急ぎで階段を登り駅のホームまで全力疾走。
なんとか間に合った。安心感が心を埋めてしまい、飯の事などどこへやら。
途中でしゃしんと遭遇。こんなやつも文化総部長になれてしまうのだから、今日も日本は平和です。

いや経緯が長すぎたな。時間は昼休みまで跳ぶ。
昼休みに気付いた。飯を買い忘れたことを。
まず売店に行ってカロリーメイトでも買って………………と思ったが売店は高等部にある。
水だけで凌ぐしか!!
昼休みにコンビニまで走って行かせてもらえるほど日本は平和じゃない。うん、前言撤回だ。
このまま家に帰るまで断食だという絶望感に浸りながら教室に戻り自分の席に腰を下ろす。わざと大きなため息をついてみたり。
それを察し隣のT君がご飯を恵んでくれる。心の中でひたすら「ありがとう」と叫ぶ。そこは口に出せよ、俺。
礼を言わないのも不躾かと思い両手で彼の右手をしっかり握り感謝の言葉を並べる。
すると今度は前の席のN君が分けてくれた。
それに連なるように数人の方々が分けてくれた。
遂にはYKT先生も分けてくれた。大量生産の揚げたエビも今回は温かった。

友情とはなんと良いものなのか。

語彙力がないのでもうこれ以上いい表現を出来ないが、とにかく「友情はいい」。
この場を借りて(FC2ブログの場?)、お礼を申し上げたい。大文字にして。


本当にありがとう!!!


すげぇ、最終回みたいだ。
しかしもういくら感謝の言葉を羅列しても足りないほどだ。この気持ちをどう表すべきだろうか。
もうひたすらありがたいという気持ちしかない。

とりあえず一旦ブログ上げる。

反省?後悔?何それおいしいの?

全然前振りが無かったが今日から冬休みだあああああああああああああああああああ!!!!!
英語のテキスト無くしたああああああああああああああああ!!!!!!!!
やっちまったよ本当に。
とりあえずしゃしんやバイトに協力を仰いでいる。

そしてやっちまった、と言えば今朝の話。
未だにアイマス23話の不完全燃焼を引きずっており、重い気持ちで暖かいベットから出る。
この頃、時計は8時半を指していた。今日は午後の1時から練習か。
気だるい気持ちもそこそこにPCの前に腰を下ろす。冬休みはこれが日課となります。
休みなので家族は寝てるかどっか行ってるか。
いつも通り朝ごはんを適当に片付け、ポテチ片手に再びPCへ。ふと時計を見ると10時を指していた。
早起きは3文の得。思う存分ネットサーフィン。もう一度言うが冬休みはこれが毎日続く。
やっている内に家を出る時間に。
こういう時、「あれ?俺は今まで何をやっていたんだ?」となる。絶対に時間の無駄だったと。3文も得してないと。
「あるある」という声が心の中のお友達から聞こえてくる。ですよねー。

いつも1時から練習が始まる時は、決まった時間に他のメンバーと電車で会うんだが、今回はそれもなく1人での登校となった。

駅に着くが誰とも会わない。これは珍しいな。
「サクラダリセット」5巻を読みながら学校へ。結局誰とも会わなかった。

部室に行こうとすると体育館から、練習が始まる30分前だというのに結構な人数がボールを突く音が聞こえる
部室の鍵は体育館にあるので、取りに行く。
体育館を開ける………………………………………。

ん?
全員居るのか?
顧問も来ているのか?

頭の中には?マークが増える一方である。しかもなんだこの練習が始まってる雰囲気

?が解消されないまま体育館に入る。

「あのにます?どうしたこんな時間に?」

こんな時間?それはこっちの台詞だよ。なんでそんなに早く集まってんだ。

「今日の練習は10時からだお」

全てが繋がった。
上の文章の赤字になっている部分。

10時から開始。
誰とも会わずに登校。
30分前なのに多すぎるボールを突く音。

ナンテコッタイ。

という訳で学校に着いて間もなく練習終了。アホらし過ぎる。
俺がポテチをバリバリ食べながらマウスをカチカチしている間におまいらは汗を垂らしながらボールをダムダム突いて練習に励んでいたというのか。

さて、暇になった午後。
午前の「やっちまった」からなんの教訓も得ずに「やっちまった」の代名詞、ゲーセンへ。
ゲーセンに行くと十中八九、湯水のように金が流れる。
まずだいこんの奴と遭遇。
行けば会うが、あいつの生活の中心は音ゲーなのか。
まずDIVA。レベル8の「ワールドイズマイン」をなんとかクリア。ギッリギリ。
jubeatも大体レベル9のクリアは確実になってきた。

バイトもリフレクをプレイしに来たらしく、遭遇。
近所のゲーセンは中学生以下は17時に強制退場だが、バイトは店員から見ても高校生に見えるらしく全く声をかけられない。やっぱ身長だよ身長。

明日は今日と同じく10時からの練習。今度は絶対に遅刻しない。絶対ニダ。
プロフィール

あのにむ7

Author:あのにむ7
年中、形の見えない敵と戦ってましたが、最近それが睡魔ということに気付きました。

FC2カウンター
目標は2億人。
FC2ブログランキング
押すと幸せが訪れるよ。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。